らくだジャーナルTOP山梨県の温泉目次>名取温泉
     

●名取温泉
     
    
名取温泉の外観
バイブラ(奥)とぬるめ(中)の浴
半露天
【源泉名】名取温泉 

【泉質】単純温泉

【泉温】28.3度(気温13度)  

【湧出量】毎分113リットル  

【pH】7.8

【住所】山梨県甲斐市名取324 

【電話】055−276−4126  

【アクセス】中央本線竜王駅から徒歩10分

【浴槽】内湯(あつめ、ぬるめ、ジェットバス)、半露天(寝湯スペースつき)、サウナ、水風呂

【営業時間】10時から24時 年中無休    

【入浴料】500円 休憩つきは700円

 派手目な黄色の外観にちょっとひるみながら中に入ると、うってかわってくたびれ気味なのでうろたえてしまった。要するに外側だけでも元気そうに装っているんだろうと自分を納得させる。1階で靴を脱いでエレベーターに乗る。フロントと浴場があるのは2階だ。ここで靴箱の鍵と交換にロッカーキーを受け取る。ロッカーは上下2段。

浴室に入って左手に半露天の浴槽。目隠しのために展望はない。外気に触れられるからのぼせなくていいかも。冬場にはちょっとぬるすぎるような気もする。内湯浴槽は3つ。一番奥はバイブラバス、真ん中がぬるめ、手前があつめとなっている。浴槽内は湯口の周囲1メートルほどが濃い茶色に染まっていて、源泉の力を感じさせる。

 湯口にはそれぞれ飲泉用のカップ。源泉100%でどの湯口からも飲泉できるとの張り紙がある。味は塩気のある出汁ってところだ。ただ、源泉を飲んでいる人や持ち帰ろうとする人はいなかった。

 つるすべ感のある湯は肌触りがよい。お湯の中にはごく細かい泡が確認できた。体への泡つきはそれほど多くない様子(あまりにも泡が細かく、コンタクトを入れていなかったのでよく分からなかった)。ぬるめの浴槽が気持ちよくて、予定よりも長湯をしてしまった。平日のオープン直後に行ったのだが、客は5、6人と予想よりも多かった。成分表は脱衣所ではなく、浴室の水風呂脇の壁にはってあった。(2007年12月)


らくだジャーナルTOP山梨県の温泉目次>名取温泉