らくだジャーナルTOP山梨県の温泉目次>岩下温泉旅館(旧館)
     

●岩下温泉旅館(旧館)
     
    
別館の入口
日帰り入浴用の別館
混浴の浴槽
混浴風呂
男女別の内湯
露天風呂のスペースには、ほぼ浴槽だけしかない
新館の外観
新館の外観
【源泉名】岩下温泉

【泉質】アルカリ性単純温泉    

【pH】8.3

【泉温】28度  

【湧出量】 

【住所】山梨県山梨市上岩下1053

【電話】0553−22−2050  

【アクセス】JR中央本線・春日居町駅から徒歩20分程度

【浴槽】男女別内湯&混浴内湯 

【温泉利用状況】

【日帰り入浴営業時間と定休日】9時半から20時  月曜休館

【入浴料】400円

【公式サイト】 http://iwasitaonsen.com/

 1700年の歴史を持ち山梨県で最も古い温泉だそうだ。旧館と新館が独立して建っていて、日帰り入浴できるのは旧館の浴場。宿泊施設の温泉にしては珍しく定休日があり、何年か前に訪ねたときは運悪く休業の月曜日に当ってしまい、それ以降足が向かなかったのだがあまりの暑さに存在を思い出して行ってみた。

 旧館にも受付らしきところはあるのだが人がいなかったので新館のフロントで入浴料をb払っい旧館に出直す。靴を脱いで廊下を進むと右側の階段を降りたところが混浴の大風呂、左側が男女別の脱衣所と浴場になっていて、混浴の浴場には脱衣スペースはない。

 運良く他に入浴客がいなかったので、まずは混浴風呂へ。(2012年8月) 階段を降りて行くとプールのように大きな浴槽がある。真ん中にサッシのような枠があるのは男女別よくだったこともあるのだろうか。廊下から見て左側の部分には天井を支える柱というか突っ張り棒のようなものがある。真ん中あたりの境部分が岩組みになっていて、下から湧いている源泉が浴槽に注いでいる。湯口で29度くらい。浴槽内は28度程度なので冷っこい。澄んだ湯はそれほど特徴がないのだが、肌触りの良さに新鮮さが感じられる。

 ほかの人の気配がしたので、混浴風呂から女湯へ移動。こちらは小さい浴場なのだが加熱源泉と源泉の2種類の浴槽があり、反復入浴がなんとも気持ち良い。他に入浴客がいるとかなり圧迫感があるかもしれないが、混浴が苦手な人は男女別の浴場でも、満足感が得られると思う。(2013年8月)


らくだジャーナルTOP山梨県の温泉目次>岩下温泉旅館(旧館)