らくだジャーナルTOP東京都の温泉目次>桃仙浴場(桃仙温泉)
       

●桃仙浴場(桃仙温泉)=廃業
 【注】2010年6月30日で廃業
     
     
【泉質】鉄鉱泉

【泉温】不明。(加熱) pH6.9

【住所】豊島区西池袋3−7−3 電話03(3981)6635 

【浴槽】内湯のみ。源泉浴槽と白湯(ジェットバス)がある。

【営業時間と定休日】15時から23時。 月曜休み

手前が鉄鉱泉。奥の青い部分は白湯

【料金】450円   

 池袋の繁華街をはずれ、マンションや社員寮が立ち並ぶ住宅地の一角にある温泉銭湯。脱衣所には中2階があり、ロッカー4つと昔風のかぶり式ドライヤーが置いてあった。

 平日の午後4時ごろだというのに先客は5人と結構込んでいた。源泉浴槽は茶色と黄土色の中間ぐらいの色。水温計は46度弱を指している。かなり熱め。手ですくって匂いを嗅いでみたけど、残念ながら金属臭は感じられなかった。常連さんらしいおばあちゃんが「熱いだろ」と声を掛けてくれた。ここのお湯は腰にいいとかで、毎日通っているそう。

タイル絵は海。背後には鳥のタイル絵あり

 壁の掲示によると「成分100%の鉄鉱泉」ということなので、加水していないようだ。カランはシャワー付きが14カ所。シャワーなしが5カ所。備品はない。分析表はなかったけど、蒸発残留物175.8mg、フェロ6.8mg、メタ珪酸75.1mgと掲示があった。(2003年2月初訪問)

  左の写真は2010年6月5日付で張り出された閉店(廃業)のお知らせ。建物の老朽化と鉄鉱泉湧出量の減少が理由。閉店後は建物を取り壊す可能性が大きいそうだ。その後、どのような建造物が建設されるか不明ながら鉱泉の量が減っていることから、「新しい建物が鉱泉の利用を続けるとは考えにくいという。我が家から自転車で行ける温泉が減ってしまうのはさびしい。考えてみれば、初訪問以来、回りの店舗はずいぶんとつぶれているからしょうがないのだろうか。(最終訪問2010年6月)







らくだジャーナルTOP東京都の温泉目次>桃仙浴場(桃仙温泉)