らくだジャーナルTOP東京都の温泉目次>虎ノ門フィットネス倶楽部(ミッドブレス虎ノ門)
       

●虎ノ門フィットネス倶楽部(2007年3月1日以降はミッドブレス虎ノ門)
    
    

【源泉名】虎ノ門温泉   

【泉質】メタケイ酸の項で温泉法の温泉に適合

【泉温】16.6度(気温9度) 【湧出量】毎分100リットル  【pH】8.7 

【住所】東京都港区西新橋1−20−3虎ノ門法曹ビル地下1階 電話03−3519−7651 都営三田線・内幸町から徒歩3分、東京メトロ銀座線・虎ノ門駅から徒歩5分

虎ノ門フィットネス倶楽部の外観

【設備】ジェットバス、水風呂、サウナ  【温泉利用状況】加温あり、循環濾過、加水なし、塩素系薬剤使用 

【営業時間】11時から18時    【定休日】日曜・祝日

【料金】1200円(フェイスタオル、バスタオルのレンタル込み) 

浴室内部(温泉浴槽、サウナ、水風呂)
左手が温泉浴槽、右側手前は水風呂

 都心のスポーツクラブで2006年10月から温泉を利用している。場所は西新橋の雑居ビルが立ち並ぶ一角。温泉どころかスポーツクラブも不釣合いな感じさえするのだが、緑に白字のノボリには確かに「この土地に温泉が出ました 会員以外も午後6時まで入浴できます」と書いてある。

 階段で地下1階に降り、入浴料とシューズロッカーの鍵を渡して磁気カードとタオルセット(フェイスタオルとバスタオル)を受け取る。浴室があるのはトレーニングルームを横切り(カウンターの壁に分析書あり)、ロッカールームの奥に浴室がある。磁気カードはロッカーの扉の裏に挿入し、暗証番号を入れて使うタイプ。

 ロッカールームの入口はカーテン。予想していたよりも狭い。浴室も小ぶり。はいってすぐにスタンディングシャワーブースが3つあり、奥左手に主浴槽、右手にサウナ、サウナの前に水風呂がある。

シャワーブース
シャワーブースは3人分ある

 温泉を使っている主浴槽はジェットバスの噴射が3カ所ある。3人とは言わないまでも、4、5人も入ればかなり窮屈な感じだろう(私の時は先客が1人いてすぐに出て行ってしまった)。お湯は黒湯とまではいかないウーロン茶のような色をしている。地下で窓もなく、照明も落とし気味だったから、明るいところでみたらウーロン茶の氷が溶けて薄まった感じかもしれない。

 それでもすべすべ感は健在で、温泉らしさは実感できた。ただ、狭いのと、入浴料の高さ(場所から行ったら妥当なのだろうが)を勘案すれば、そう何回も行くところじゃないと思う。近くにお勤めの人なら、会員になって通うというのは十分考えられるかもしれない。2007年3月から経営が変わって「ミッドブレス虎ノ門」になるそうだが、少なくとも「当分の間は会員以外でも入浴可」とのことだった。(2007年2月)

陽イオン mg/kg mval%   陰イオン mg/kg mval%   非解離成分 メタケイ酸  75.4mg
ナトリウム 83.3 91.18   フッ素 0.1 0.25     メタホウ酸 18.6mg
カリウム 5.8 3.78   塩素 36.1 25.25        
アンモニウム 0.1 0.25   硫化水素 <0.1 0        
マグネシウム 0.9 1.76   硫酸 4.5 2.23   溶存ガス成分 遊離二酸化炭素 25.6mg
カルシウム 1.0 1.26   炭酸水素 160.5  65.10        
アルミニウム 0.5 1.51   炭酸 8.4  6.93        
鉄(U) 0.2 0.25   リン酸水素 0.7 0.25        
マンガン <0.05 0          
亜鉛 0.1 0              
0.1 0
合計 92.0       210.3     成分総計   10440mg

らくだジャーナルTOP東京都の温泉目次>虎ノ門フィットネス倶楽部(ミッドブレス虎ノ門)