らくだジャーナルTOP東京都の温泉目次>ときわ健康温泉
    

●ときわ健康温泉
    
    

【泉質】メタ珪酸の含有量にて温泉に相当

【泉温】不明。(加熱) 

【住所】東京都板橋区中台1−25−5 電話03(3933)1487 東武東上線上板橋駅下車、北口に出て直進、突き当たった道(ときわ通り)を右折、イトーヨーカドーの手前を左折する。突き当り(富士見街道)を右折、信号(エネオスのガソリンスタンドがある)を左折して若木通りを進み次の信号の右側、ライオンズマンションと三枝建設の間の細い道を入れば「ゆ」の表示が出ている。駅から徒歩7、8分。 

【浴槽】内湯と露天。内湯は大浴槽が部分によってジェットバス、打たせ湯、電気風呂、歩行湯などのコーナーに分かれている。水風呂、サウナ(別料金)あり。露天は岩風呂と薬湯。

【営業時間と定休日】平日13時〜24時。祝祭日12時〜24時、日曜7時〜24時 月曜休み。 

【入浴料】430円  サウナは300円の追加が必要

 我が家から1番近い温泉。住宅地の中にある温泉で、もともとは普通の銭湯だったが、利用している井戸水を調べたらメタ珪酸の量が温泉法で温泉に認定されるだけ含まれていたとか。「町の銭湯」がある日「町の温泉」になったというわけ。銭湯にしては早い時間から営業しているのは嬉しい。

 建物の外観はちょっとくたびれているように見えたけど、中は意外にきれい。フロント式の受付で入浴料を払い、右側の女湯に。脱衣所もきれいだ。常連さん用のロッカー、デジタルの体重計あり。ドライヤーは有料で3分20円。

 浴場は結構広め。カランは20数ヵ所ある。入ってすぐ両側にサウナと水風呂がある。サウナは追加料金を払った人だけ入れる仕組み。私はもともとサウナはそれほど好きじゃないので利用しなかった。内湯はかなり広い。10数人が余裕で入れるだろう。部分によってジェットバス、歩行湯、打たせ湯、電気風呂と分かれていて、電気風呂はピリピリとしびれる感じが新鮮だった。

 露天は薬湯と岩風呂の2つ。正確にいうと、薬湯は半透明の屋根があるので、露天とはいえないかもしれない。畳一畳ちょっとの大きさなのに4、5人が入っている。1番人気だ。私はまず無人の岩風呂に。高い塀と屋根に遮られて空は50センチ幅ぐらいしか見えないけど、まぎれもない露天風呂だ。

 薬湯がすいてきたので移動。赤茶色に濁っていて強烈な生薬のにおいがする。浴槽に入るとき足元が見えず、段差は1段しかないだろうと思っていたら2段あったため、大きくよろけてしまった。おばあちゃん連中に大受けし、これをきっかけに話が弾んだ。この薬湯は肩こりや腰の痛みに効くそうだ。でも、ホントに匂いは強烈。風向きが変わるとせき込んでいるおばあちゃんもいた。温泉の浴感はないけど、薬湯はインパクトあったな。(2003年2月)

岩風呂。左の高い塀と右側の屋根の間に外がみえる

らくだジャーナルTOP東京都の温泉目次>戸越銀座温泉