らくだジャーナルTOP東京都の温泉目次>東京染井温泉「SAKAURA」
      

●東京染井温泉「SAKURA(サクラ)」     
    
     

【源泉名】東京染井温泉   【泉質】ナトリウム−塩化物強塩温泉

【泉温】48.0度(気温13度) 【湧出量】毎分450リットル(掘削 動力揚湯)  【pH】7.5 

【住所】東京都豊島区駒込5−4−24 電話03−5907−5566 JR巣鴨駅から徒歩8分、駒込駅から徒歩10分。巣鴨駅北口ロータリーから無料送迎バスあり

【温泉利用状況】加温、循環濾過、塩素系薬剤使用、鉄とマンガンを除去=公式サイトに掲載

【浴槽】内湯(白湯)、露天(温泉浴槽×2、薬湯)   【営業時間】10時から23時   【入浴料】1260円

【公式サイト】http://www.sakura-2005.com/

 これまで温泉入浴施設のなかった巣鴨に2005年6月にオープンした。スイミングクラブに隣接していて、入り口は奥まった感じ。エントランスは和風モダン趣。初めてであることを告げると、会員になることがまるで前提かのような説明が始まった。入浴だけで休憩しないのなら意味がなさそうなので断る。会計は退館時とのことで、一括清算用バーコードのついたリストバンドを受け取った。
岩風呂風?の露天風呂

 脱衣所のロッカーはリストバンドの数字に関係なく、どこでも好きなのを使える。ただし、自分のロッカー番号を覚えておかないといけないのがちょっと面倒だ。平日の昼前だったからか、都内の日帰り温泉施設だというのにガラガラだ。

 浴室内は黒を貴重としている。手前右側にあるヒノキ風呂は白湯で、その奥にあるジェットバスには1人用のスペースが4つ並び、それぞれにテレビが設置されていた。個人用のテレビがついたジェットバスなんて初めて見た。人気があるようで、すいているのにここだけいつも満員状態。
縁だけじゃなく真ん中の部分にも腰掛け半身浴できる

 温泉は露天風呂で使っている。奥左手に岩風呂、手前右側にヒノキ風呂風の浴槽があった。両方とも湯口からは常時お湯を足しているわけではなく、出たり止まったりの繰り返し。右手の浴槽は底からも湯が投入されていた。黄色っぽい透明の湯で、強塩泉だけあってすごく塩辛い。この湯がかかるせいか、植えられている松の木がほとんど枯れているのが物悲しい。浴感は、つるすべ感が少しあるかなぁ程度。塩素臭はそれほど気にならなかった。

 露天風呂で談笑していたご婦人によると、男湯の露天風呂は温泉浴槽が1つしかないとのこと(未確認情報)。会員になると無料で託児所を使えるそうで、小さな子供連れの人には利用価値が高いかも。(2006年4月)

 なお2006年7月1日の改装オープンとともに岩盤浴(別料金)がスタートした。

陽イオン mg/kg mval%   陰イオン mg/kg mval%   非解離成分 メタケイ酸  78.8mg
ナトリウム 10540 77.07   フッ素 <0.05       メタホウ酸 36.7mg
カリウム 174.6 0.75   塩素 20810 99.25     メタ亜ヒ酸 <0.01mg
アンモニウム 37.0 0.34   硫化水素 <0.1          
マグネシウム 666 9.21   硫酸 3.6 0.01   溶存ガス成分 遊離二酸化炭素 173.8mg
カルシウム 1497 12.56   炭酸水素 185.5 0.51        
アルミニウム 0.1 0   炭酸 0.3 0        
鉄(II) 8.2 0.05   臭素 85.3 0.18        
マンガン 2.8 0.02   ヨウ素 29.3 0.04     成分総計 36.33g
合計 12930       21110       蒸発残留物 38.20g
(平成17年6月8日)

らくだジャーナルTOP東京都の温泉目次>東京染井温泉「SAKURA」