らくだジャーナルTOP東京都の温泉目次>久松温泉
     

●久松温泉
     
     
久松温泉外観【源泉名】久松温泉 

【泉質】炭酸ナトリウムおよびメタホウ酸の項で温泉法上の温泉に適合する

【泉温】16.8度(気温21度) 【湧出量】不明  【pH】6.2 

【住所】東京都大田区池上3−31−16 電話03−3751−0119 東急池上線池上駅から徒歩3分程度。

【温泉利用状況】不明(掲示なし)

【設備】温泉浴槽×2、白湯浴槽×2 サウナ   【営業時間】10時から24時    【定休日】火曜日

【入浴料】430円(東京都の公衆浴場料金) 

 駅に近い低層ビル。外からみると、我が家の近所にある図書館によく似た感じ。ロビーはかなり広く、ソファでくつろぐことができるから入浴前後の待ち合わせには便利だ。ロビーもどことなくレトロ調なのだが、脱衣所はさらに20年ほど時代をさかのぼった感じで、昭和の銭湯といった雰囲気が漂っている。 

 浴室は銭湯としては広く、天井も高い。浴槽は4つ。温泉浴槽は奥に2つ並んでいる。1つは深くて熱め。ともに源泉の蛇口があり、入浴客が自由に源泉を足していた。透明度は5センチ程度かな。かなり濃い。すべすべ感も強い。ぬるめの浴槽でもかなり熱く、蛇口の下に陣取って源泉を浴びながら入っても長湯はできなかった。

  手前には白湯の浴槽が2つ。大浴槽と円形のジャグジーだ。この大浴槽のお湯が一番ぬるかった。露天風呂はないのだが、中庭みたいに外に出られるスペースがあり、ご婦人方が座って涼んでいた。分析書は受付の後ろの壁に掲示してあり、取り外せないとのことなので、めげちゃって成分表は転記しなかった。炭酸水素イオンは473mg/kg。都内の銭湯で平日も午前中から営業しているのは珍しいのではないだろうか。(2007年4月)


らくだジャーナルTOP東京都の温泉目次>久松温泉