らくだジャーナルTOP東京都の温泉目次>平和島温泉クアハウス
      

●平和島温泉クアハウス   
      
      
【源泉名】平和島温泉 【泉質】ナトリウム−塩化物強塩温泉

【泉温】 【湧出量】温泉分析書の掲示見当たらず不明 

【住所】東京都大田区平和島1−1−1 BIGFUN平和島B棟2F 電話03−3768−9121  京急平和島駅から徒歩15分程度、私はJR大森駅から徒歩20分強かけて歩いた。(ワンコインバスあり)

【温泉利用状況】掲示見当たらず 【設備】内湯(サウナ2種類あり)、露天

【営業時間】10時から翌8時   年中無休

【入浴料】1200円(土日祝日は1500円)=5時間まで

 競艇場を核とした総合アミューズメント施設の一角を成していて、入り口と内湯はビルの2階、露天風呂は4階に位置している。露天風呂に入るのにいったん服を着て移動しなくてはならないのが面倒くさい。

2階にある入り口

 雑誌「温泉博士」の温泉手形を利用して無料で入浴させてもらった。無料でも館内着付だし、タオル類は浴場の出入り口付近に置いてあって自由に使える。露天風呂には別のタオルがあるので、2階から持参する必要がないことは受付時に説明があった。

 老舗の健康ランドだけあって、浴場などにややくたびれた感はあるものの、お湯は茶色っぽくて塩化物泉らしいつるすべ感(あとキシっとしてくる)があり、予想していたよりも個性のあるものだった。塩化物泉のほか、トゴール石を利用した人工温泉浴槽もある。一番人気がありそうなのは気泡浴の浴槽で、常時2、3人が入っていた。

 浴室は全体的に広めで浴室内にゴロっと横になれるスペースが多いのは嬉しい。4階の屋上にある露天風呂も、ウッドデッキが設けられている。当然ながら露天風呂から見えるのは空だけ。内湯よりも少しぬるめで、文庫本を持ちこんで長時間つかっている人もいた。

 プールやフィットネスコーナーの利用も入浴料に含まれているそうだ。ただし、私の訪問時は利用客は見当たらなかった。成分表や温泉利用状況の掲示は見当たらなかったのだが、館内が広いので見落としてしまったのかもしれない。(2009年6月)


らくだジャーナルTOP東京都の温泉目次>平和島温泉クアハウス