らくだジャーナルTOP新潟県の温泉目次>関温泉「やすらぎの宿小松屋」
  

●関温泉「やすらぎの宿小松屋」
     
     
【源泉名】関温泉 

【泉質】ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉

【泉温】48.4度(気温23.4度) 【湧出量】毎分570リットル 【pH】6

【住所】新潟県妙高市関温泉 電話0255−82−3100 関山駅から燕温泉行きのバスで「関温泉」下車すぐ。関山駅から約15分、480円。

【浴槽】男女別内湯

【温泉利用状況】加水なし、加温なし、かけ流し、消毒なし  【日帰り入浴の営業時間】未確認    【入浴料】500円

【公式サイト】http://www3.ocn.ne.jp/~komatuya/

男湯の浴槽

 「源泉かけ流し宣言」をしている関温泉の宿で2番目に訪問したのがこの小松屋。最初に訪ねた中村屋とは道を挟んで反対側にある。日帰り入浴をお願いすると、男湯の方が広いからと男湯に案内してくれた。それは嬉しいのだが、どうも湯を落として張り替えたばかりみたいで、浴槽の底に10センチくらいしか湯がたまっていない。急いでいるわけでもなかったので、気長に湯がたまるのを待つことにした。

 この浴室、壁の上部に観葉植物(セロームだと思う)の鉢が固定されている。観葉植物を置いている温泉は多々あれど、こんな上のほうに設置してあるのは初めて見た。

内湯
女湯のお湯は縁までたまっていた

 男湯は広いだけあって浴槽も大きく、なかなか湯がたまらない。寝湯と半身浴の間みたいな水位だけど入ることにする。お湯はほとんど濁りがない。新鮮な湯は透明で、だんだん酸化して濁っていくらしい。そう考えると、一番新鮮な湯に入れるわけで、ラッキーだったかもしれない。心なしかキシキシ感も強いような気がした。帰り際にのぞいた女性用の浴室は確かに狭かった。(2008年8月)

  

  

   

陽イオン mg/kg mval%    陰イオン mg/kg mval%    非解離成分 メタケイ酸 240mg
リチウム 1.3 0.6   塩素 780 72.2     メタホウ酸 31mg
ナトリウム 510 69.3   臭素 2.0 0.08        
カリウム 31 2.5   ヨウ素 1.4 0.04        
アンモニウム 5.0 0.9   硝酸 0.15 0.008   溶存ガス成分 遊離二酸化炭素 330mg
マグネシウム 36 9.3   硫酸 4.0 0.3        
カルシウム 110 17.2   リン酸水素 0.02 0.001        
ストロンチウム 1.3 0.1   炭酸水素 510 27.4        
バリウム 0.4 0.02                
アルミニウム 0.03 0.01                
マンガン 0.04 0.0                
鉄(U) 1.4 0.2             成分総計 2595mg
鉄(V) 0.4 0.1             蒸発残留物 2000mg
合計 696.8     合計 1297.6      
(平成17年6月29日)
   

らくだジャーナルTOP新潟県の温泉目次>関温泉「やすらぎの宿小松屋」