らくだジャーナルTOP新潟県の温泉目次>貝掛温泉「貝掛温泉館」
     

●貝掛温泉「貝掛温泉館」
    
    

【源泉名】貝掛温泉  

【泉質】ナトリウム・カルシウム−塩化物泉(弱アルカリ性低張性温泉)

【泉温】35.8度(気温3度)=本文末参照   pH8.0

【住所】新潟県南魚沼郡湯沢町大字三俣686 電話0257(88)9911 越後湯沢駅から浅貝経由苗場プリンス行きの越後交通バスで約25分の貝掛温泉で下車、徒歩10分。地図(別ウインドウで開きます)

【浴槽】内湯(源泉と加熱各1)と露天(日帰り入浴の時間帯は男性用2、女性用1)

貝掛温泉館の正面入口

【日帰り入浴の営業時間】10時半から14時   【入浴料】1000円(平日)、1200円(土日祝)  

 貝掛温泉は日本秘湯を守る会のメンバーにもなっているのに、越後湯沢からのアクセスはバス一本と結構いい。10時10分のバスに乗り、10時半すぎに貝掛温泉のバス停に到着。反対側に道路を横断し、表示にしたがって坂を降りていくと、橋の向こう側に貝掛温泉が見えてきた。山の中の一軒宿にしては、白壁でなかなかしゃれたつくり。日帰り入浴でも宿帳?に住所や電話番号を記入しなければならない。こんなところ初めてだ。
女湯の内湯 奥に源泉槽がある

 浴室までのは廊には新聞記事や目の洗い方の掲示など、いろんなものが貼ってある。ここは「目にいい温泉」として古くから知られているそうだけど、きょうはコンタクトをしているので目をつけられない。残念だ。脱衣所は暗めで落ち付いたつくり。ロッカーは貴重品用の小さなものだけ(コイン不要)。脱衣カゴは籐製で味がある。ちょっと気になったのは、お湯から上がっても脱衣所がこれだけ暗いと化粧するのがた大変そうなこと。私はこれから別の温泉に行くからま、いいか。

湯口の左側に棒状の枕が2つあるの分かるかな?

 浴室は天井が高く、窓が広くて明るい。いい感じ。脱衣所に「浴槽に入る前に石鹸で体を洗ってください」と掲示があったので、まず石鹸で体を洗い(洗ってきたばっかりだけど)、2つある浴槽のうち大きいほうの源泉槽に直撃。夏場なのでちょうどいい湯加減て感じ。ツルツル感はそれほど強くないけど、じっとしていると大中小の泡が体のあちこちにくっついてくる。

浴室内全景
天井が高くて居心地がいい。紅葉の季節はキレイだろうな
 湯口の左側には木製の枕が2人分あって、そこに頭を置いて体の力を抜くと踵と首の付け根を除いて体がフワフワ浮いている感じになる。ダイビングの時の中性浮力みたい。そのままウトウトしてしてしまった。隣の女性なんて爆睡していた。お湯は浴槽の縁全面からオーバーフローしているんだけど、すぐ脇の床がスノコ状になっていて、あふれたお湯はそこに吸い込まれてしまう。床を洪水状態にしてくれればいいのにな。
日帰り時間帯は女湯になっている露天

 露天はがっかり。雑誌などでみていたのと違い、狭くてショボイんだもの。加熱している。よかったのは、内湯から出てすぐのところに下がっていた風鈴だけ。音が澄んでいて涼しい気分になれた。とはいえ、そうそうに内湯に戻る。熱めの内湯も露天風呂と同様、泡付きはそれほどよくない。結局、源泉槽に戻って、合計で1時間はつかっていたと思う。

露天はイマイチ
 隣で爆睡していた人とあとで話したら、男性用の露天は源泉と加熱と2つあるそう。雑誌によく出てくるのは源泉の露天風呂で、ここは湯の鮮度が抜群で泡付きもすごくいいという。泊まれば時間交代でそっちにも入れるとか。男性は日帰り入浴でも源泉の露天風呂に入れていいな。せめて日替わりとかにして女性にも源泉露天風呂に入れるチャンスがあればいいのに。1200円も払っているんだし。

 浴室に入って左手には上がり湯があり、飲泉用のカップがあった。甘味を含んだ塩味がした。ここにすげ笠がいくつか置いてあったのは何につかうため? 露天風呂での日焼け防止だろうか。カラン(シャワー付き)は5カ所、石鹸、ボディシャンプー、隣す飲シャンプー、炭シャンプー完備。脱衣所にはシャワー、ベビーべッドあり。

上がり湯コーナー
上がり湯のコーナー
 脱衣所や廊下には分析書が貼っていなかったので、帰り際にフロントで分析書のコピーをいただいた。それによると泉温は35.8度になっている。私の持っている温泉本にはどれも36.8度って書いてあるんだけど。でも、分析したのはことしの3月になっているから分析書のデータの方が新しそう。泉温が下がったってことなんだろうか? (2003年7月)
陽イオン mg/kg mval%    陰イオン mg/kg mval%    非解離成分 メタケイ酸 24.3mg
リチウム 1.3 0.50   フッ素 0.7 0.10     メタホウ酸 24.0mg
ナトリウム 436.9 49.66   塩素 1228 90.41     メタ亜ヒ酸 0.94mg
カリウム 6.4 0.42   臭素 7.0 0.23       -
マグネシウム 0.6 0.13   ヨウ素 3.9 0.08   溶存ガス成分 遊離二酸化炭素 6.6mg
カルシウム 377.3 49.21   硫酸 153.8 8.35        
ストロンチウム 1.2 0.08   リン酸水素 0.4 0.02        
バリウム 痕跡 -   炭酸水素 17.1 0.73        
マンガン 0.03 0   炭酸 0.9 0.08        
鉄(II) 0.03 0                
合計 823.8     合計 1412       成分総計 2291mg
(平成15年3月5日)

らくだジャーナルTOP新潟県の温泉目次>貝掛温泉「貝掛温泉館」