らくだジャーナルTOP長野県の温泉目次>百合居温泉仮説共同浴場
     

●百合居温泉仮説共同浴場
   
   
【源泉名】百合居温泉   「百合居温泉」外観【泉質】ナトリウム−塩化物泉

【泉温】28度(49.8度という掲示もあり) 【湧出量】受給量毎分45リットル 【pH】不明  

【住所】長野県下高井郡栄村(地図)  電話なし 飯山線・横倉駅から徒歩圏内のはず(私は歩いていません)。非常に分かりにくいところにある。

【浴槽】内湯

【利用可能な時間】12時から20時(12月から4月は19時まで) 

【温泉利用状況】加熱あり、加水なし、かけ流し、消毒あり      

【栄村公式サイトの百合居温泉のページ】http://www.vill.sakae.nagano.jp/kankou/onsen_annai.html#yurii

浴槽は3方を壁に囲まれている

【入浴料】200円  

 JAの裏手、とても分かりにくいところにある。上記リンク先のGoogleマップに「百合居温泉」と表記されているのが不思議なほどだ、外観はどうみても田んぼの中にある仮説浴場。中に入ると「施設名:百合意温泉仮説共同浴場」と掲示があったので、正真正銘の仮説浴場だった。そのくせ正面にはバイクや車が数台停まっていて人気のほどがうかがえる。

 入浴料は4月から200円に値上げされた旨の張り紙があった。無人なので100円玉2枚を「チャリ〜ンと料金箱に入れる。脱衣所にロッカーはないが、トイレはあったのでビックリした。

これによると源泉は28度

 内部はコンクリートの床にコンクリートの浴槽。生意気に?カランも2カ所ある。湯口48.5度の湯は浴槽内42.1度と適温。つるすべ感のある気持ち良い湯だ。入れ替わり立ち代わり入浴客がやってきて、女湯は土曜日の昼すぎで常時3、4人程度の入浴客がいた。これで一歩外に出ると、まったく人の姿がない田んぼなのだから不思議でもある。人間はいい湯に吸い寄せられてくるんだね。

 人が途切れないので、お願いして浴室内の写真を撮らせてもらう。「遠くから来たの?」という質問に「東京から来ました」と答えても、誰も驚いたふうもなく、「ここの湯ははいいだろ?」とどっしりと構えていらっしゃる。こんな分かりにくいところにヨソモノが来ているのだから、もうっちょっと驚いてよ!といいたくなるのだが、その落ち着き具合がこの湯の人気を示しているのだと納得した。

 玄関ホールには様々な張り紙があり、簡易分析書には49.8度と記載されているのだが、そのすぐ下にある温泉利用状況の掲示には源泉の温度28度と掲載されていた。(2008年5月)

湯口の様子(左)、玄関ホールには張り紙がいっぱい。右下の茶色い箱が料金箱(中)、外観の横側(右)

らくだジャーナルTOP長野県の温泉目次>百合居温泉仮説共同浴場