らくだジャーナルTOP岐阜県の温泉目次>平湯温泉「ひらゆの森」
       

●平湯温泉「ひらゆの森」    

【注】改装前の訪問記なので、古い情報です。
        
        

【泉質】含硫黄−ナトリウム・カルシウム・マグネシウム−炭酸水素塩・塩化物泉

【泉温】65.2度(気温3.6度) 【湧出量】373リットル 150メートル掘削・動力揚湯

【住所】岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763−1 電話0578−9−3338 平湯バスターミナルから徒歩数分

【浴槽】内湯と露天、家族風呂

ひらゆの森外観

【日帰り入浴の営業時間】10時から21時(最終入場20時半) 貸切風呂は12時から15時

【入浴料】500円  (貸切風呂は45分で1人1000円が別途必要)

【公式サイト】http://www.hirayunomori.co.jp/

 平湯バスターミナルのすぐ近くにあり、宿泊も可能。休憩室やレストランもある総合施設。建物の外には冬期休業中ながらペット風呂まであった(ペット入館不可)。券売機で入浴券を買ってフロントに渡し、右手にある脱衣所へ。平日の午後ながら7、8人が着替え中と結構込んでいる。今回の奥飛騨旅行で入った温泉で一番込んでいたのがここだ。

濁り湯の露天風呂

 内湯は変則五角形というか三角形に近い形。お湯は白濁と透明の中間ぐらい。比較的小さめ。洗い場はカラン(シャワー付き)が7カ所ぐらい(うろ覚え)。ボディシャンプーやリンスインシャンプーは完備している。ここで体を洗って早速露天風呂のスペースに向かった。

この露天はかなり白濁していてクリーミーな感じさえした

 露天風呂はたくさんある。出てすぐのところには洗い場のスペースもあった。ただし、みなさん洗いは内湯で済ませているようだ(内湯の洗い場は数が少ないので場所待ちの状態)。

 露天風呂は岩組みの浴槽が6つ、木製の浴槽が1つ、全部で7つある。パンフレットをみると、男性用の露天風呂は6となっている。なぜか女性用が1つ多いのだ。回りは塀で囲まれているもののスペース自体が広くてゆったりしているのでかなりの開放感がある。

透明な露天風呂
違う露天風呂は同一源泉でも透明

 不思議なことに、どの浴槽もお湯の表情が全然違う。露天風呂のスペースに出て正面奥の浴槽はセメントを混ぜたかのような濁り具合。今回の旅で濁り湯は初めてなので、ありがたくつかる。湯加減もいい感じ。一方、左手奥の浴槽は、無色透明な湯ながら大きめの白い湯の花がゴロゴロと混ざっている。ふつふつと静かに沸騰している鍋のなかでシラス干しを煮ているような感じ。この浴槽はほかに誰も入っていなかったので、湯口の下に陣取って湯の花を体にまぶす。

別の露天風呂

 しばらくしたら湯の花がめっきり減ってきた。となりの露天風呂の方が多い。そっちに移動。さらに木製の露天風呂にも入る。こちらの湯の花はごく細かい。注意していないと湯の花が入っているとは気付かないかも。露天風呂のスペースにはだいたい7、8人の入浴客がいて、一番人気のあるのは最初に入ったセメント状の濁り湯だった。

 脱衣所に貼ってある分析書は1枚(源泉1本分)なので、出る時に受付で濁り湯と透明な湯の違いについて聞いてみた。なんと源泉は1本でどの浴槽も同じ源泉を使っているそう。その日によって各浴槽の濁り具合や湯の花の混ざり方が違うんだとか。お湯をくんでから時間がたつにつれ濁るというのでもないそうで、その日によってさまざまだと聞いた。ぜひまた行って、違いを実感してみたい。

細かい白い湯の花がもんどりうっている

 入浴しているときはそれほど気にならなかったのだが、硫黄臭がかなり染み込んでいることに帰宅してから気付いた。Tシャツは数回選択してもまだ硫黄の香りがするぐらいだ。

 パンフレットによると、「鉄鍋の湯」は家族・グループの貸し切り可能ながら日によって希望に沿えない場合があるという。日帰り入浴で利用できるのは12時から15時。45分で1人1000円。予約制ではないので行ってみて空いていれば利用できる仕組みだそう。(2004年4月)

★楽天トラベルで「ひらゆの森」を予約する★

陽イオン mg/kg mval%    陰イオン mg/kg mvl%    非解離成分 メタケイ酸 65.6mg
ナトリウム 174.3 46.53   フッ素 0.6 25.52     メタホウ酸 17.4mg
カリウム 21.8 2.98   塩素 160.2 25.52        
マグネシウム 48.0 21.18   硫化水素 1.1 0.19   溶存ガス成分 遊離二酸化炭素 92.5mg
カルシウム 131.4 35.06   硫酸 136.6 16.06     遊離硫化水素 2.3mg
マンガン 1.6 0.31   炭酸水素 627.2 58.65        
合計 377.1     合計 925.7       成分総計 1.481g

らくだジャーナルTOP岐阜県の温泉目次>新穂高温泉「アルペン浴場」