らくだジャーナルTOP岐阜県の温泉目次>下呂温泉「幸乃湯」
     

●下呂温泉「幸乃湯(幸の湯)」
    
    
幸乃湯外観【源泉名】下呂温泉集中管理源泉 混合泉(幸田ポンプ所)

【泉質】アルカリ性単純温泉 

【泉温】55.0度(配湯温度) 【湧出量】合計毎分2300リットル 【pH】9.1   

【住所】岐阜県下呂市幸田1144 電話0576−25−2157 下呂駅から徒歩5分程度。

【浴槽】内湯2、露天風呂(利用していなかった)、打たせ湯、サウナ

【温泉利用状況】(放流一部循環ろ過式)、加水なし、加温なし、塩素剤を通年使用

右手に打たせ湯などがある

【営業時間と定休日】10時から23時(最終入場22時半) 火曜定休(祝日の場合は営業)

【入浴料】350円 貸切風呂は1時間1600円、サウナ付きだと1時間半2600円

 下呂駅に一番近い共同浴場。共同浴場というよりも温泉銭湯といったイメージだ。露天風呂もあるのだが、冬季だからかビニールシートがかけられたまま、利用されていなかった。

 丸い浴槽が2つあり、奥にある窓辺の浴槽には細い湯口の上に木製のマスが置いてある。これは飲んでいいということだろうと判断、お湯を味わってみる。温泉臭というのかな、もわっとした匂いとかすかな硫黄臭を感じる。ここのお湯は白鷺の湯やクアガーデンに比べると気のせいか温泉らしいすべすべ感があるようだ。でも、ただ、浴槽の底に長い髪の毛がごっそりとまとまって沈んでいるのを見ちゃって、長湯する気になれなかった。

マスが置かれた湯口

 手前の浴槽はジャグジー状で、浴槽内注入のみ。どちらかというと、こっちの浴槽の方が入浴客は多い様子だった。利用しなかったもの強力な打たせ湯とサウナ、水風呂もある。駅から近い割りに旅行者よりも近所の人らしい入浴客が目立った。備品はない。

  日本温泉協会の5段階評価は露天風呂が源泉5、泉質5、引湯4、給排湯方式3、加水4、新湯注入率2。打たせ湯は源泉5、泉質5、引湯4、給排湯方式3、加水5、新湯注入率2。ということは新湯注入は奥の浴槽の細い湯口だけってことだろうか。換水頻度は2日に1回で、白鷺の湯やクアガーデン露天風呂の1週間に1回に比べれば頻繁だ。

 川の両側でポンプ所が違う様子で、こちらの源泉は幸田ポンプ所となっている。ただし、湧出量と温度は湯之島ポンプ所の源泉と同じで、pHは異なっている。(2008年3月)

 
陽イオン mg/kg mval%    陰イオン mg/kg mvl%    非解離成分 メタケイ酸 62.1mg
ナトリウム 109.5 97.35   フッ素 15.6 16.98     メタホウ酸 5.4mg
カリウム 1.0 0.61   塩素 75.6 44.09     メタ亜ヒ酸  0.1mg
カルシウム 1.9 2.04   硫化水素 0.2 0.21   溶存ガス成分 遊離硫化水素 1.3mg
  硫酸 10.7 4.55    
  炭酸水素 31.7 10.77        
炭酸 33.9 23.40
合計 112.4     合計 167.7       成分総計 0.349g

らくだジャーナルTOP岐阜県の温泉目次>下呂温泉「幸乃湯」